正しい葬式の仕方|サポート体制の整った業者を探そう

焼香や玉串奉奠とは

それぞれに作法がある

数珠

大東市では仏式の葬式の時に、参列者は僧侶の読経の後に焼香を行います。これは故人の霊を偲ぶ儀式です。また神式で葬式を行う場合は焼香の代わりに玉串奉奠を行います。大東市で葬式に臨む際にはこれらの作法を知っておくことが大事です。一般的に大東市では焼香には抹香が使用されますが、浄土宗の葬式では線香を使用することもあるのです。この場合通夜の際に線香を使用し、葬儀では抹香を使用することもあるのです。また焼香の回数は宗派によって違い、天台宗や真言宗は3回、臨済宗は2回、浄土真宗は1回などとなります。浄土宗では特に決まりはありません。その作法も抹香を押しいただいて落とす場合やそのまま落とす場合など様々です。僧侶の作法を見て真似れば間違いありませんが、それほど作法にこだわる必要はありません。焼香は故人を偲ぶ気持ちがあれば十分なのです。大東市ではホールなどでは焼香は立って行い、住宅など場所が狭い時は回し焼香をします。これは香炉を順番に回して自分の席で焼香を行う方法です。神式の玉串奉奠の玉串とは榊に四手という紙片をつけたものです。これを神主から受け取る際に一礼をし、そして右手は根元の上から持ち左手は枝先の下から支えます。そして祭壇前に進み一礼して右手を手前にして玉串を縦にし、それから左手に根元を持ち替え右に半回転させ玉串を祭壇に捧げます。その後二礼二拍手して玉串奉奠は終了します。玉串奉奠は事前に神主などが作法を教えてくれるので心配はありません。

病院で亡くなった時の手配

ロウソク

お葬式の手順と流れは全国的に同じです。地域によって多少の違いがあるかもしれませんが、葬儀社に任せておけばきちんと手配をしてくれます。そのためには葬儀社の会員になるなどして、早めに準備をしておくことが大事です。例えば大東市やその周辺にもいくつかの葬儀社がありますが、そのような会員制度があるかどうか確かめておきます。そのような会員制度の場合、毎月いくらかの費用を積み立てておくのが一般的です。金額的には数百円から千円程度ですし、積立金は葬式費用の一部になるので安心です。大東市にお住まいの場合、大東市近隣にそのような葬儀社があるかどうかはネットで検索すれば見つかります。多くの人が病院で亡くなりますので、臨終と告げられた時は身内やごく親しい人だけに連絡をします。それと同時にお葬式をお願いする葬儀社にも連絡を入れます。遺体搬送や会場の手配などは葬儀社がやってくれます。急死の場合は頭が混乱して何をしていいかわからないものですが、その時は病院の看護師がサポートしてくれます。もしも事前に葬儀社を決めていない場合、早めに決める必要があります。多くの場合は病院と提携している葬儀社を利用することになります。遺体を自宅まで搬送するのか、葬儀社の会場へ運ぶのかなどをその場で決めることになります。家族葬にするのか一般のお葬式にするのかによって、会場の選び方も違ってきます。もし会葬者が多くなる場合はそのことを葬儀社に伝える必要があります。大東市にはどのような会場があるかを事前に調べておくことも必要です。

アフターサービスも重要

葬儀会場

お葬式について考えた事はありますか。とても大切な事ですが、事前に準備している方はまだまだ少ないのが現状です。大東市で葬儀を行う際に困らないよう、日常から家族みんなでお葬式の事を考えておきましょう。お葬式には会葬者を招いて行う一般葬や、身内だけで行う密葬・家族葬などの種類があります。では葬儀はどこに依頼したら良いのでしょう。お寺の檀家になっているなら寺院での葬儀も考えられますが、一般的には大東市にもある葬祭業者にお願する事が多いでしょう。病院から紹介された業者に依頼する場合や、生前から葬儀社の互助会に入り、そこでお願いする事が多いようです。金額や葬儀内容など悔いの残らないお葬式をあげる為に、事前に葬儀社を比較検討しておく事が重要です。特に葬儀費用は分かりにくいもの、見積もりで聞いていた金額と実際の支払金額に大きな差が出たという事例もありますから、費用に関してはしっかりとチェックしましょう。細かな説明を避ける大東市の業者や、「当日を迎えないとハッキリした金額は出ない」などの説明をする業者は避けましょう。葬儀に掛かる費用は平均で200万円弱、葬儀一式に掛かる費用に寺院へ支払う費用、会葬者への飲食接待費用などが含まれます。見積もりを取る際には飲食接待費(通夜・告別式の料理、会葬返礼品)が含まれていない場合が多いので、業者に必ず確認しましょう。悔いのないお別れの時を迎えられるよう、大東市の葬祭業者の中から信頼出来る業者を探して下さい。葬儀後のアフターサービスが行き届いているかもチェックのポイントです。

しきたりは把握しておこう

男の人

大東市で葬式を行う場合にはしきたりなどは他の大阪の地域と同じように行うのが一般的です。大阪では友引の日でも火葬場を利用することが出来ますが、正月には利用出来ないので注意が必要です。また、他の関西地域と同じように香典は黒と白ではなく黄色と白の水引を使用するので注意が必要です。

もっと読む

体力に不安を感じる

線香

一般の葬式では体力面が心配という高齢の方もいるのではないでしょうか。大東市の業者の中には、そんな人に最適な一日葬のプランを用意しているところもあります。業者を決めるときには、自分の体力面なども考慮して良いプランを選びましょう。

もっと読む

損をしない葬儀

花

日本国内で挙げるお葬式は、平均で約二百万円弱のお値段がかかります。お葬式には斎場を確保したり接待の会食を用意したりする必要がありますので、そのための費用です。大東市で価格を抑えたお葬式をしたい場合は直葬を行うと良いでしょう。

もっと読む