正しい葬式の仕方|サポート体制の整った業者を探そう

損をしない葬儀

価格から考える

花

平均的な価格でお葬式をしてくれる業者を絞り込むためには相場や内訳を理解しておきましょう。日本国内でお葬式を挙げる際は二百万円弱が相場価格ですから、大東市でそれ以上の価格を請求する業者には注意が必要です。もちろん大規模な社葬や特別な演出を取り入れた音楽葬を行う際はこの限りではありません。大東市でお葬式の準備をする際はまず会場を確保する必要があります。一般葬であれば家族だけでなく故人の友人や会社関係者も集まりますので、それなりの規模がある斎場を利用する必要があります。会場を借りるための費用は約五万円から十万円です。大東市で家族葬を行う際は自宅を斎場として活用しても良いでしょう。業者はご遺体の搬送と安置を済ませてくれます。またお葬式を行う際に欠かせないのは接待費用です。お葬式には遠方から足を運んでくれる方や久しぶりに会う親族が集まります。こうした方々を労い、故人の思い出を振り返ってもらうためにも会食を用意する必要があるのです。接待にかかる費用は一人五千円から一万円ほどと考えておきましょう。足を運んで頂く参列者の人数が限定的であれば、それだけ費用もかかりません。どのような葬儀業者を利用するのかによって用意できる会食の内容が変わりますから事前に確認すると良いでしょう。最も価格を抑えて行えるお葬式と言えば直葬です。直葬は通夜や告別式を行わずにご遺体を火葬しますので、斎場を手配する必要がありません。大東市でこうしたお葬式を行いたい場合、プランを用意している業者を探しましょう。

マナーを守って参列する

蝋燭

葬式は、各宗教ごとのしきたりやルールがあり、そのしきたりやルールに従って参列することが大切です。参列する時は、まず、宗教の種類の確認が必要です。大東市の葬式の9割は仏教式ですが、他の宗教で行われる場合もあります。宗教によって、お参りの作法が異なりますので、事前に宗教と作法の確認を行います。同じ仏教であっても宗派によって焼香の仕方が多少違います。焼香の作法は、それぞれの宗派の考えに基づくものですから、間違えないようにしましょう。大東市の葬式に参列する時は、香典袋にも注意が必要です。香典袋は、一般的に黒白の水引がついたものを使います。香典袋には黄色と白の水引がついた香典袋もありますが、これは葬式後の法要に多く用いられるものです。ですから、香典袋を選ぶ時には、黒白の水引がついているものを選ぶようにしましょう。宗教の種類によって香典袋の書き方が決まっていますので、しっかりと確認することも大切です。大東市の葬式に参列する時の服装は、男性は、ダークスーツ、白色のシャツ、黒のネクタイ、靴下、靴となっています。女性は、光沢のある華美なものは避け、黒のフォーマルスーツなどを着用します。男性、女性とも結婚指輪以外のアクセサリーの着用は避けるほうが無難です。遺族に慰めの言葉をかける時は手短な内容にしておき、後日改めて声をかけるのがマナーです。葬式で振る舞われる食事を断ると失礼になりますので、少しだけでも食べるようにしましょう。ただし、お酒を飲み過ぎて他の方に迷惑をかけるような行為はタブーです。ですから、お酒の量は控えめにして静かに故人を忍ぶようにします。このような点に注意して大東市の葬式に参列しましょう。

偲ぶ気持ちを大切に

合掌

訃報は多くの場合、突然届きますので日頃からマナーを知っておくと安心ですね。大東市に限りませんが、葬儀のときは一般的にどのような服装やメイクで臨めばよいのでしょうか。まず服装についてです。親族やごく親しい友人で大東市の近隣にお住いの場合にはお通夜の前に故人に対面することもあります。訃報をきいて駆けつける場合には、まず喪服などは着ません。暗い色の地味な服をきて駆けつけます。故人と同居していた親族についても同様です。これはお葬式に関する装い全般に言えることですが、結婚式のようにシワ一つない服である必要はないのです。あまりに整った喪服は、訃報を予想し事前に準備していたことになってしまいます。大東市でも、お葬式に関する服装のマナーとしては準備していなかった感じを出すことが大切です。ネクタイが多少よれていても失礼には当たりません。また、女性の髪形やメイクについても同様で凝った髪型やメイクは大東市でのお葬式にふさわしくありません。メイクはファンデーションを多少塗り、薄い色の口紅を付ける程度で十分です。次にお葬式のときの服装についてです。正式な喪服は洋装であれば男性はモーニング、黒いネクタイ、黒い靴下に黒い靴で、女性は黒の長袖のワンピース、黒ストッキング、黒い靴です。とくにお通夜に関しては間に合わない場合には略式喪服でも問題ありません。この場合には男性は白か黒のポケットチーフ、黒のネクタイ、黒か暗い色のスーツで、女性は黒か茶か紺のワンピースかアンサンブル、光沢のないバッグなどがよいでしょう。女性で髪が長い場合にはまとめるとよいです。足元は正式な場合と同様です。

しきたりは把握しておこう

男の人

大東市で葬式を行う場合にはしきたりなどは他の大阪の地域と同じように行うのが一般的です。大阪では友引の日でも火葬場を利用することが出来ますが、正月には利用出来ないので注意が必要です。また、他の関西地域と同じように香典は黒と白ではなく黄色と白の水引を使用するので注意が必要です。

もっと読む

体力に不安を感じる

線香

一般の葬式では体力面が心配という高齢の方もいるのではないでしょうか。大東市の業者の中には、そんな人に最適な一日葬のプランを用意しているところもあります。業者を決めるときには、自分の体力面なども考慮して良いプランを選びましょう。

もっと読む

損をしない葬儀

花

日本国内で挙げるお葬式は、平均で約二百万円弱のお値段がかかります。お葬式には斎場を確保したり接待の会食を用意したりする必要がありますので、そのための費用です。大東市で価格を抑えたお葬式をしたい場合は直葬を行うと良いでしょう。

もっと読む