正しい葬式の仕方|サポート体制の整った業者を探そう

体力に不安を感じる

一日で終わるプランもある

線香

大東市の業者に葬式を依頼するときに、通常の葬式では体力面に不安を感じる人もいるのではないでしょうか。通常の葬式では通夜を行い、翌日は告別式を行うのが一般的な流れとなります。式としては大きく2回なのですが、遺族は通夜の前には葬儀社との打ち合わせをしたり納棺をします。通夜が終われば通夜振る舞い、告別式が終わり火葬をすれば骨上げをし、法要や精進落としと、とても忙しい時間を過ごすことになります。若い人ならいいのですが、高齢になると葬式は体力的にも精神的にも辛いという人もいるでしょう。一般葬儀では多くの参列者が集まり精神的にも負担が大きいです。こんな不安を感じている人に最適なのが一日葬です。一日葬はその名の通り、1日で終わる葬儀のことで、通常行われる通夜がなく、告別式のみの葬式です。これなら、体力的に不安がある高齢の人でも問題なく葬式をすることができるのではないでしょうか。大東市の業者の中には、この一日葬もプランの一つとして用意しているところもあります。この一日葬は遺族だけでなく、大東市から遠い場所で生活している参列者にもメリットがあります。一般的な葬儀であれば、遠方からの人はどうしても1泊は必要になりますが、一日葬なら日帰りでも可能です。多く参列者を集めるのは難しいですが、親族だけの葬儀を考えているのなら、この一日葬の方が遠方の親戚への負担も少ないと考えられます。大東市の業者に葬式を依頼するときには、自分や親族の体力や精神面なども考え、負担の少ない葬式を考えることも大切です。

香典返しの仕方

男性と女性

家族が亡くなり、葬式の喪主を務めることになったら様々な準備が必要となります。ただ初めて喪主をするなど不慣れな場合、どうしたらいいか分からないことがほとんどです。細かな連絡や葬式のプラン決め、打ち合わせなどが終わったら、通夜や告別式、初七日という流れになっています。ただ喪主は、葬式が終わった後も色々と行なうことがあります。まずは香典を頂いた人へのお返しを用意しなければなりません。大東市やその他の地域でもこれは行なうものですが、返し方は様々です。即返しというのは、香典をもらってその場で全ての人に一律の品をお渡しするというものです。後からの後返しだと、きちんと届いているのか、大東市で葬式をした際には大東市以外の地域の人へ香典返しをした際、しっかりと届いているかも心配になってしまいます。もし少ない人数だったり、様々な地域から来る人が多かったりするのであれば、即返しでもいいかもしれません。また香典返しの他にも、葬式に参列した人への御礼も欠かさず行なう必要があります。長年仲が良かった人、関係が深かった人には、喪主側から挨拶するよう心掛けましょう。さらに、大東市でも供花などを頂いた際の御礼は行なったほうがいいでしょう。地域によってマナーやしきたりが異なっていますが、直接御礼を言ったり、後から香典返しと主にお礼状を送ったりするという方法もあります。他にも喪主は様々な対応や準備をする必要があるので、分からないことがあれば葬儀社のスタッフに相談しながら、葬式を円滑に進めていきましょう。

弔意を伝える手段

葬儀

人が亡くなった際に行われる葬儀のうち一般葬と呼ばれる葬式には、故人の親族だけでなく生前に何らかの交流があった人が広く招かれます。故人の友人や知人はもちろん、所属していた職場の人や近所に住む人など、中には故人と生前それほど親しくしていなかった人にも訃報が届けられるものです。訃報には葬儀会場の場所と葬式が行われる日時も記されており、受け取った人は必ず出席しなければならないように思われがちです。しかしながらスケジュールの都合で急な葬式に出席できない人も多く、葬儀会場が遠方にある場合は決められた日時まで会場入りするのが困難となります。大東市に住んでいる人が遠隔地で行われる葬式に出席するにはスケジュールに余裕を持たなくてはならないため、欠席を選択しなければならない場合も少なくありません。そのような場合でも遺族の方に失礼のないような形で葬式への欠席を伝えることにより、本来のスケジュールを優先させることができます。葬式に出席できないことを電話か手紙で遺族側に伝えるのがマナーですが、最近では大東市でもメールを利用する事例が増えています。いずれのケースでも欠席理由には、やむを得ない事情やどうしても都合がつかないという点だけを挙げ、細々とした理由を述べないようにするのが適切です。どうしてもスケジュールが合わなくて葬式に参列できなくても、弔電を打ったり香典を贈ったりすることで弔意を伝えることは十分に可能です。大東市の葬儀社では、そのような場合に故人への弔意を伝える方法として、供物や供花の注文も受け付けています。このような供物や供花は葬式を行う際の宗教や宗旨に合わせた品を贈る必要がありますので、葬儀方法について事前に確認してから注文するといいでしょう。大東市の葬儀社では生花スタンドや果物盛籠・提灯一対などの品が供物や供花として多く選ばれており、インターネットから注文できる業者もあります。

しきたりは把握しておこう

男の人

大東市で葬式を行う場合にはしきたりなどは他の大阪の地域と同じように行うのが一般的です。大阪では友引の日でも火葬場を利用することが出来ますが、正月には利用出来ないので注意が必要です。また、他の関西地域と同じように香典は黒と白ではなく黄色と白の水引を使用するので注意が必要です。

もっと読む

体力に不安を感じる

線香

一般の葬式では体力面が心配という高齢の方もいるのではないでしょうか。大東市の業者の中には、そんな人に最適な一日葬のプランを用意しているところもあります。業者を決めるときには、自分の体力面なども考慮して良いプランを選びましょう。

もっと読む

損をしない葬儀

花

日本国内で挙げるお葬式は、平均で約二百万円弱のお値段がかかります。お葬式には斎場を確保したり接待の会食を用意したりする必要がありますので、そのための費用です。大東市で価格を抑えたお葬式をしたい場合は直葬を行うと良いでしょう。

もっと読む